インフィニオンとサイプレスは、Traveo II Bodyマイクロコントローラー ファミリの量産出荷開始を発表!

自動車の運転方法がドライブ トレインの電動化や高度な運転支援システムによる変化に伴い、自動車の快適機能やボディ制御機能の数や複雑さが増加するなか、この製品ファミリは、ボディ制御モジュールや、ドア、窓、サンルーフ、シート制御ユニット、車内スマートフォン端末、ワイヤレス充電ユニットなど、幅広い車載アプリケーションに対応します。

供給状況:
Traveo II Bodyファミリは、メモリ サイズやピン数が異なる4つのエントリー デバイス シリーズと2つのハイエンド デバイス シリーズで構成されています。エントリー デバイスは、2020年10月より量産出荷を開始します。その他デバイスは2021年以降順次出荷を開始し、Traveo II Bodyファミリ全体の量産出荷は2021年の第2四半期までに量産出荷開始を完了する予定です。Traveo IIファミリは、インストルメント クラスターやコックピット、デジタル表示アプリケーション向けのポートフォリオも保有しており、グラフィック制御を組み込んだ新しいマイクロコントローラーを今後リリースする予定です。

Traveo II MCUとは:
マルチコアのTraveo II ファミリは、ARM(r) Cortex(r)-M7 および-M4 コアをベースに、最大8MB のフラッシュを内蔵しており、要求の厳しい車載ボディ エレクトロニクス アプリケーションに求められる堅牢な性能を実現します。ISO26262 ASIL-Bレベルに準拠しているため、周囲温度125℃までの環境下でもデバイスの安全な動作を保証します。

CAN-FD、Ethernet、FlexRay通信プロトコルのサポートを含む高度なペリフェラル提供を特徴とするTraveo IIマイクロコントローラーは、ローエンドからハイエンドまですべてのデバイス間で拡張性とピン互換性を提供します。また、今日のコネクテッドカー向けに、5μAまでの低消費電力性と強化されたセキュリティ (EVITA-Full) 機能を提供します。FOTA (Firmware Over-The-Air) をフルでサポートしており、サービスを中断することなく、アプリケーションとセキュリティ ソフトウェアをリモートでアップデートすることが可能です。

Traveo IIの詳細はこちらから>>
https://www.infineon.com/cms/jp/product/microcontroller/32-bit-traveo-ii-automotive-microcontroller-based-on-arm/

Traveo II Body MCU
Traveo II Body MCU