インフィニオンは、高コスト効率で高性能なセキュアIoT ソリューションの製品ラインアップに、新しいWPA3セキュリティ規格を使用したWi-Fi 4ソリューション「CYW43439」を追加したことを発表しました。

CYW43439ソリューションは、スマート サーモスタットやスマート照明などのIoT アプリケーション向けのWi-Fi/Bluetooth/BLE コンボチップで、これを使用することで、米国のカリフォルニア州消費者プライバシー法 (CCPA) をはじめ、世界中で施行されている新しいセキュリティ規制に対応したIoT 製品を容易に設計できるようになります。また消費者にとっても、企業が収集する個人情報について知る権利や、個人情報を削除してもらう権利など、プライバシー権利がより高いレベルで保証されるようになります。

ABIリサーチ社によると、2025年までに約5億個の新しいデバイスがWi-Fi 4を使用すると予想されています。これらの状況から、IoTデバイスへのWPA3などの最新機能のサポートニーズは継続していくと考えられます。WPA3は、より強固な認証および暗号機能を提供しながら、ミッション クリティカルな切れないネットワークを実現します。インフィニオンのCYW43439を使用することで、WPA3のセキュリティ規格の下、製品に必要なセキュリティを実装しながら、消費者が求めている接続性を提供することが可能となります。

Wi-Fi 4対応のCYW43439は、安定した接続性能と電力効率に優れた性能を、世界のさまざまな規格に対応しながら、実証済みの相互接続性と共に提供します。本製品ファミリは、RTOSやLinux、Androidのクロス プラットフォームに対応しており、専用のソフトウェアを使用して、マルチユーザー向けにWi-FiとBluetoothの高度な共存と、BLE Meshネットワークへのシームレスな接続を実現するアプリケーション開発が可能です。

CYW43439ソリューションの詳細はこちらから>>
https://www.infineon.com/cms/en/about-infineon/press/market-news/2020/INFCSS202011-017.html

CYW43439
CYW43439