生産効率の改善を行うためには、作業工程を正確に把握し、改善点を洗い出す作業が必要です。

しかし、手作業による組み立てラインでは、同じ作業でも作業者の習熟度や勤務態度などによって生産性に大きなバラツキが発生します。

作業者ごとの「時間あたり出来高」を正確に把握することは難しい課題だったのではないでしょうか。

今回は、マットスイッチを使用し、課題を簡単に解決できるソリューション情報を提供いたします。