光電センサなどの受光量判別式のセンサでは、ワークの色や凸凹等の形状、材質などで受光量が変わってしまうと検出が不安定になりがちです。

それを避けるための調整には時間やコストがかかります。

また、高価な画像センサを導入すれば、設定を都度変更する必要はなくなるものの、導入コストが気になりますよね。

ぜひ、このソリューションの詳細を以下ボタンよりご確認ください!▼