加工機で発生する「異物の詰まり」によるスイッチの動作不良にお困りではありませんか?

ある食肉加工工場の例を見てみましょう。
手袋をはめた作業者が、食肉をスライサー装置にセットします。
加工後は、手作業で仕分けをします。

しかし、スライサー装置のスイッチの隙間に異物が詰まり、うまく動作しなくなることも…。
主な原因は、肉片が付着した手袋で操作していたことでした。

その対策として、スイッチにゴムカバーを取り付けましたが、洗浄による劣化などで、頻繁に交換することが手間となり、悩んでいたそうです。

IDECがご提案する解決策とは…?続きは以下のボタンをクリック!