~ OPC UA Toolkit for eSOLにより、産業機器やインフラ設備などでセキュリティと安全性を確保したOPC UA導入を強力に支援 ~

アナザーウェア社とイーソルは、アナザーウェア社製「OPC UA Toolkit」をイーソルの機能安全対応TRONベースリアルタイムOS「eT-Kernel」とスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」に対応させた、「OPC UA Toolkit for eSOL」をリリースしたことを発表しました。これにより、産業分野のみならず、水道や石油ガスなどのインフラ分野において、OPC UAに対応したクライアントとサーバを素早く簡単に開発することができるようになります。

FAロボットや産業用機器など産業分野でのIoTやIndustrie 4.0対応が加速度的に進む中、産業オートメーション用のマシン間通信プロトコルの国際標準規格OPC UAがますます注目されています。OPC UAは、異なるベンダの製品間や異なるOS間などにおいて相互運用が可能です。プラットフォーム非依存の環境で、セキュリティを確保しながら安全なデータ交換を実現します。

OPC UA Toolkit for eSOLは、15年以上にわたりOPC事業に携わり、幅広い製品・サービスを提供するOPCテクノロジー分野のマーケットリーダの1社であるSofting社(ドイツ)と技術提携し、アナザーウェア社が開発した、OPC UAのSDK(Software Development Kit)です。イーソルのリアルタイムOSであるeT-KernelやeMCOSを使った環境でOPC UA接続機能を迅速にインテグレーションでき、開発期間を大幅に短縮することが可能になります。また、産業・インフラ分野で求められるリアルタイム性や安全性を確保しながら、新規および既存システムのIoT化を容易かつ迅速に進められます。

従来、産業機器側に実装されるOPC UA Serverに搭載されるOSは汎用OSがメインで、組込み機器を対象としたEmbedded LinuxやWindows Embeddedであっても、Embedded Profile、Micro Profile、Nano Profileなどのサブセットのプロファイルしかサポートされていませんでしたが、OPC UA Toolkit for eSOLは産業分野でのニーズが高まっているStandard Profileもサポートしているため、多くのシステムへの要求に応えることができます。

OPC UA Toolkitは、C/C++を用いたOPC UA対応サーバの開発を迅速かつ低コストで実現できるSDKです。FA機器や装置メーカー、重機メーカーまで幅広い分野への導入実績があります。

イーソルのTRONベースリアルタイムOS「eT-Kernel」およびスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」は、機能安全規格 IEC 61508(産業機器)およびISO 26262(自動車)ともに最高の安全度水準(SIL 4、ASIL D)のプロダクト認証の取得実績を有しています。また、イーソルのリアルタイムOS製品の開発プロセスは、医療機器向け安全規格IEC 62304に準拠していることが認証された実績を有しています。

<補足資料>
▽ eT-Kernel詳細:
https://www.esol.co.jp/embedded/et-kernel.html

▽ eMCOS詳細:
https://www.esol.co.jp/embedded/emcos.html

▽ イーソル ホームページ:
https://www.esol.co.jp/

* イーソル、イーソル株式会社、eMCOSおよびエムコスは、イーソル株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
* 記載された社名、団体名および製品名は商標または登録商標です。

【製品に関するお問い合わせ先】
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部
TEL : 03-5302-1360 / FAX : 03-5302-1361
E-Mail : ep-info@esol.co.jp