◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【申し込み受付開始!1/30(木)開催セミナー】
「仮想化機能、時間/空間分離機能で実現する、RTOSとLinux統合セミナー
~車載統合ECUやリアルタイムシステムのIoT化でも必須となるセキュアで安全な統合手法を解説~」

会場:イーソル株式会社 セミナールーム(東京・中野坂上)

▽ お申し込みはこちら:
https://www.esol.co.jp/seminar/seminar_194.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

【このような方にお勧めのセミナーです!】
・LinuxやAndroidなどの汎用OSをシステムに共存させたい、またはリアルタイムOSを複数共存させたいとお考えの方
・組込み開発における仮想化技術についての知識を習得したい方
・組込みソフトウェア開発に従事する方およびその関連ビジネスに従事する方

イーソルのリアルタイムOSプラットフォームは自動車分野、産業分野、医療分野など、高いリアルタイム性や信頼性、安全性が求められる分野で幅広く利用されていますが、近年、自動車分野では自動運転車やコネクテッドカー、産業分野ではスマートファクトリーへの対応や産業用ロボットの自律制御などをはじめとして、システムに求められる要件が複雑化、大規模化しています。また、従来リアルタイム性が重視されてきた分野においても他システムとの協調動作やシステムの統合がこれまで以上に重要になっています。このような、リアルタイム性、信頼性の確保に加え、多種多様な機能を持ったエッジコンピューティングを実現するためにHypervisorなどの仮想化技術が組込み開発においても注目されています。

近年、求められるシステムの要件として、エッジコンピューティングを始めとするIoTとの連携や融合、高度なグラフィック処理の実現、従来は複数で稼働していたシステムを1つに統合するといった複雑なシステム連携などが挙げられます。そのような統合システムを構築する際、組込みシステムに求められる信頼性やリアルタイム性を確保したまま、LinuxやAndroidといった汎用OSをどのように組み合わせて最適なシステム構成とするかを十分に検討する必要があります。それまで別々に稼働していたシステムを1つに統合する際、お互いの干渉を極力なくして安全に分離することが求められると共に、分離したシステムをどのように連携させるかも重要なポイントです。また、このような複数システムの統合は、必ずしもリアルタイムOSと汎用OSの組み合わせだけとは限りません。ベアメタルシステムとリアルタイムOSの統合や、複数のリアルタイムOSシステムを1つに統合するというケースも考えられます。

本セミナーでは、上記を実現する際に利用する様々な分離技術、仮想化技術について解説を行い、イーソルのリアルタイムOS「eMCOS POSIX」によって、信頼性の異なるアプリケーションを空間的・時間的に分離しつつ、分離したアプリケーション同士を密に連携させる方法を紹介いたします。さらに「eMCOS POSIX」に新たに追加された仮想化機能により、高いリアルタイム性や安全性を確保しながらLinuxやAndroidなどの汎用OSを組み合わせて柔軟にシステムを構築する方法や、マイコンベースシステムの統合に最適な軽量仮想化ソリューションについても紹介いたします。

これらの説明を通して、リアルタイムOSベンダであるイーソルの視点で、安全・セキュアに分離した形でリアルタイムOSとLinuxを共存させる方法や、複数のリアルタイムOSシステムやベアメタルとの共存をどのように実現するかなどについて、具体的な事例を交えながら解説いたします。

参加料は無料です。お気軽にご参加ください。

[セミナー概要]
◆日程:1/30(木) 13:30~17:05
◆会場:イーソル株式会社 セミナールーム(東京・中野坂上)
◆参加費:無料(事前登録制)

▽ お申し込みはこちら:
https://www.esol.co.jp/seminar/seminar_194.html

* イーソル、イーソル株式会社、eMCOS、およびエムコスは、イーソル株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
* 記載された社名、団体名および製品名は商標または登録商標です。

【お問い合わせ先】
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部 マーケティング室
TEL : 03-5302-1360 / FAX : 03-5302-1361
E-Mail : marcom@esol.co.jp