イーソル株式会社は、富士ゼロックス株式会社が2020年8月5日より発売しているデジタルカラー複合機「ApeosPort C7070」、モノクロ複合機「ApeosPort 4570」、およびカラープリンター「ApeosPort Print C5570」に、イーソルのリアルタイムOS「eT-Kernel™ Compact」を中核とするソフトウェアプラットフォームが採用されたことを発表します。

富士ゼロックス社が展開するシリーズ「ApeosPort」「ApeosPortPrint」の新機種である3製品は、操作性・利便性の向上とセキュリティー機能の強化により、一人ひとりの働き方を支援する複合機およびプリンターです。eT-Kernel Compactベースプラットフォームはスキャン機能や印刷機能などの制御を行うエンジン部分で採用されており、高速かつ高精度なスキャン処理や印刷処理の実現に貢献しました。また、本製品の開発にあたり必要となった専用のソフトウェアを、イーソルのプロフェッショナルサービスによりカスタマイズして提供することで、スムーズな開発をサポートしました。

eT-Kernelは、オープンソースのT-Kernel 2.0に性能面・機能面で改良・拡張を加えたリアルタイムOSです。車載機器に加え、産業機器や人工衛星、コンシューマ向け家電など幅広い分野で採用されています。ベーシックなプロファイル*[1] であるeT-Kernel Compactは、フットプリント*[2] が小さく優れたリアルタイム性能をもつリアルタイムOSです。国産OSとして初めて、機能安全規格ISO 26262(自動車)およびIEC 61508(産業機器)において、ともに最高の安全度水準(ASIL D、SIL 4)のプロダクト認証を取得しました。また、ソフトウェア開発にはeT-Kernelと緊密に統合された開発環境「eBinder(r)」が使われています。eBinderはリアルタイムOS向けのソフトウェア開発に特化した機能やツール群を提供しており、高品質なソフトウェアを効率的に開発できます。

---------------
*[1] プロファイル : システム規模や用途・対象に応じて構成された要素や仕様項目の組み合わせで、eT-Kernelには「eT-Kernel Compact」および「eT-Kernel Extended」の2つのプロファイルがあります。
*[2] フットプリント : プログラムが動作する際のメモリ使用量の多さ
*[3] MMU : Memory Management Unit(メモリ管理ユニット)の略称
---------------

<補足資料>
▽ eT-Kernel Compact 詳細:
https://www.esol.co.jp/embedded/et-kernel_compact.html

▽ イーソル 会社情報:
https://www.esol.co.jp/

* イーソル、イーソル株式会社、eT-KernelおよびeBinderは、イーソル株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載された会社名および製品名は、各社・各団体の登録商標または商標です。
* 製品画像は富士ゼロックス社から提供されたものです。

【お問い合わせ先】
イーソル株式会社 マーケティング室
TEL : 03-5302-1360 / FAX : 03-5302-1361
E-Mail : media@esol.co.jp