アルミダイカスト製品と電気機器を製造する静岡県の中堅企業東洋電産は、エンジンで駆動する小型「HMG発電機」搭載のトラックを改造・開発した。

同トラックには11kAhのリチウムイオン電池とCHAdeMO対応の急速充電器が搭載されており、トラックからEVの蓄電池に直接充電することができる。将来EVが普及したとき、ガス欠ならぬ電欠が多発する恐れがある。今回開発したトラックはEV時代を先取りしたユニークな製品と言えよう。もちろんEVの充電用途以外にも活用できる。同社では今回開発したエンジン駆動小型発電機搭載車輛を通称「電気の宅配車」と呼んでいる。