全国からセルロースナノファイバー(CNF、ナノセルロース)関連の主要企業が静岡県に集結――2019年 11月19日に富士市で開催された「ふじのくにCNF総合展示会」(主催:ふじのくにCNFフォーラム、静岡県、富士市)を端的に表現するなら、このように言えるだろう。

セルロースナノファイバーは、優れた強度特性、チキソ性(攪拌など力が加わる間は粘度が低く、力が加わらないと粘度が高くなるといった特性)、保湿性・保水性などの特徴から様々な応用の可能性を秘めた新素材である。また、植物由来であるため、環境に優しい。

その原料となる紙・パルプの産業が集積している静岡県には、CNFのメーカーはもちろん、CNFを製造する機械のメーカーやCNFを活用した製品を開発・製造する企業といったCNFに関わる企業が数多く存在している。

ふじのくにCNF総合展示会は今年で5回目の開催となったが、静岡県内のCNF関連企業を中心に全国から71社の企業・団体が集まり、それぞれ自慢の製品や技術を披露した。

また、CNFに関する最新の研究・開発動向に興味を持つ企業の製品企画担当者や技術者といった関係者が全国から1,061人来場し、会場の「ふじさんめっせ」は活況を呈していた。

来場者には講演資料に加えて、田子の月(富士市)のどら焼きが1個ずつふるまわれた。同社が製造するどら焼きの皮にはCNFが配合されており、来場者はしっとり、ふんわりとしたどら焼きの食感を実際に体験することが出来たようだ。

開場後ほどなく、CNF研究の第一人者として知られる東京大学大学院の磯貝明教授による基調講演が行われた。

磯貝明教授によるCNF関連基調講演の模様
磯貝明教授によるCNF関連基調講演の模様