ものづくりのサプライチェーンを構成する中堅企業が数多く立地する静岡県。昭和14(1939)年に創業した老舗・金子歯車工業も、日本のものづくりを支えている一社だ。同社の専門は、文字通り歯車(ギヤ)の開発や製造である。

汎用部品のイメージが強いが、歯車には様々な種類が存在する。具体的には、平歯車、かさ歯車(ベベルギヤ)、内歯車、円筒歯車、ラックギヤ、スプライン軸、ウォームギヤなど、機械の用途や目的に応じて多種多様な形態・構造の歯車を使用する。

中でも同社が得意としているのが、「スパイラルベベルギヤ(曲がり歯かさ歯車)」と呼ばれる歯車だ(図)。歯すじを直線(ストレート)ではなく曲線(スパイラル)にすると製作の難易度は上がるが、作動時の振動や騒音を軽減する効果をもたらす。

かさ歯車は回転の方向を90度変換することが可能な歯車で、良く知られた応用例としては差動歯車(ディファレンシャルギヤ)がある。

差動歯車を利用することで、例えば自動車がカーブを曲がるときに左右の車輪の間で生じる回転数の差を吸収することができる。

同社では、スパイラルベベルギヤを始めとした多品種の歯車を自動車、航空機、産業機械、ロボット、鉄道インフラ、農機など様々な業種や顧客向けに製造している。

金子歯車工業が得意なスパイラルベベルギヤ
金子歯車工業が得意なスパイラルベベルギヤ