心臓が止まった人を見つけたら、真っ先に思いつくのが心臓マッサージである。両手を胸の中心に当て、胸骨の上から心臓を力強く圧迫する。イメージはわかっていても、実際に訓練を受けた人は少ないのではないだろうか。いざというとき適切に心臓マッサージを行えるか不安が残る。そんな課題を解決する練習器具が登場した。サカイ産業(静岡県島田市)と東邦大学医学部、静岡文化芸術大学デザイン学部が共同で開発した教育教材用心臓マッサージ実習キット「Dock-kun(ドックン)」である。

ドックンは、透明な浮き輪状のバルーンが二つ重なった中心に、心臓に相当するエアーポンプと、ピストン状のスプリング付きポンプカバーが配置されている。エアーポンプからは動脈、静脈に相当する2本のホースが出ており、ホースは一方が空のバケツに、もう一方が水の入ったバケツにクリップで固定される。エアーポンプを圧迫すると、水の入ったバケツから空のバケツに水が流れる。このようにドックンは心臓マッサージの際の血液の流れまで再現できる優れものである。しかも価格が7000円(税抜)と極めて安い。

開発元のサカイ産業は静岡県の中堅企業で、ガラス繊維やアラミド繊維、炭素繊維などの産業用繊維資材を織物・編物・紐にし、それらを成形加工する企業である。創業は100年前で、同社は今年10月に100周年を迎える。創業当初は綿を使った製紐、例えば帯留め用の紐や靴紐等を製造し、徐々に産業用細幅綿織物に移行した。その後ガラス繊維織物の開発を行い、発電機等の絶縁被覆材を提供してきた。ガラス繊維の織物技術が東レから認められ、1977年に東レと日精、サカイ産業合弁のサカイ・コンポジットを設立し、炭素繊維の織物、成形加工へ進出した。

実習キット「Dock-kun」
実習キット「Dock-kun」
「Dock-kun」のキット構成
「Dock-kun」のキット構成