アルミダイカスト製品と電気機器を製造する静岡県の中堅企業東洋電産は、エンジンで駆動する小型「HMG発電機」搭載のトラックを改造・開発した。同トラックには11kAhのリチウムイオン電池とCHAdeMO対応の急速充電器が搭載されており、トラックからEVの蓄電池に直接充電することができる。将来EVが普及したとき、ガス欠ならぬ電欠が多発する恐れがある。今回開発したトラックはEV時代を先取りしたユニークな製品と言えよう。もちろんEVの充電用途以外にも活用できる。同社では今回開発したエンジン駆動小型発電機搭載車輛を通称「電気の宅配車」と呼んでいる。

東洋電産がエンジン駆動発電機搭載車輛を開発したのは今回が初めてではない。実は開発がスタートしたのは30年以上前である。「先代社長の杉村守彦氏が東海地震発生時の停電を想定し、家2軒分の電力を供給できる発電機を開発することを目標にプロジェクトをスタートさせた。車のエンジンに注目した理由は、災害時でも動作可能な車のエンジンを車輛走行以外にも使おうという発想だった」と、同社取締役社長の杉村光一郎氏はプロジェクト・スタート当時を振り返る。電気の宅配車はまさに静岡県という地理的な特殊性と企業としての社会的使命が生んだ製品と言えよう。幸い東海地震はまだ発生していない。しかし、2011年には東日本大震災が発生している。そのとき地震の影響で被災地への電力供給は途絶えた。明かりもない寒い夜空の下、たき火を囲んで暖を取る被災者の映像は記憶に新しい。まさに杉村守彦氏が対応を想定していた状況がそこにはあった。

HMG発電機搭載車輛「電気の宅配車」
HMG発電機搭載車輛「電気の宅配車」