静岡県西部の浜松エリアは、古くから光・電子技術が進んでいた地域である。1924年、のちの静岡大学名誉教授・高柳健次郎が旧制浜松高等工業学校(現静岡大学工学部)時代、世界で初めてテレビに「イ」の文字を映し出したエピソードは、その事実を象徴的に示している。現在も高度な技術を有する世界的企業や大学発ベンチャー企業が多数立地しているだけではなく、光・電子技術を追究する大学・研究機関も数多く存在している。

静岡県では新産業集積クラスター形成と連携の取り組みとして、県東部で医療・健康関連産業の「ファルマバレー」、県中部で食品関連産業の「フーズ・サイエンスヒルズ」(現在は「フーズ・ヘルスケア」)、そして県西部では光・電子技術を基盤とする「フォトンバレー」というプロジェクトを推進してきた。このうち「ファルマバレー」と「フーズ・サイエンスヒルズ」については2000年代に拠点が設置されていたが、「フォトンバレーセンター」が公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構の内部組織として設立されたのは、2017年4月のことである。

センター長を務める前静岡大学長の伊東幸宏氏は、その経緯を次のように語る。

「2000年からJST(科学技術振興機構)の地域結集型共同研究事業が始まり、その後も文部科学省の知的クラスター創成事業や地域イノベーション戦略支援プログラム、JSTの地域産学官共同研究拠点整備事業など様々な国のプロジェクトに携わってきたが、これらはどれも短期的な取り組みだ。地域の光・電子技術をさらに活性化していくには、やはり拠点となって牽引する組織が必要だということで、フォトンバレーセンターを設置する動きとなった」

ただ、「ファルマバレー」は医薬品・医療機器を中心とする産業、「フーズ・ヘルスケア」は機能性表示食品や化粧品の開発促進がミッションであるとされているが、フォトンバレーについては光・電子技術産業育成を眼目にしてはいけないのだと伊東氏は指摘する。

「光・電子技術はIoT、ビッグデータ、AI(人工知能)、ロボットといった共通基盤を支える技術。最終製品として光・電子技術を使うものだけでなく、製造・加工、検査、管理、流通まで多彩なシーンで光・電子技術が活用されている。よってフォトンバレーセンターが担うべき仕事は、光・電子技術を活用して、地元の主産業である自動車・輸送機器関連はもちろんのこと、他の製造業や物流、医療・福祉、農業なども含め、あらゆる産業の底上げを図っていくことだ」

光・電子技術を活用した未来創生ビジョン
光・電子技術を活用した未来創生ビジョン
光・電子技術関連産業の基本方針
光・電子技術関連産業の基本方針