我が国の基幹産業の一つである自動車。その自動車には、1台当たりで約3万点の部品が使用されるという。そういった自動車用部品でなくてはならないものの一つがナットだ。中でも、長期間の絶え間ない振動でも緩みにくい「戻り止めナット」の製造を得意とするのが、イズラシ(沼津市)である。

1939年創業の同社は当初、船舶などの修理や部品を手掛けていたが、大手自動車系列の部品メーカーとの取引を契機として自動車メーカー向けのナット製造が事業の主軸となり、現在に至る。各取引先を経由し、国内大手自動車メーカー全社への納入実績があるという。

戻り止めナットにも様々あるが、代表的なものは「ナイロンナット」と「S形ナット」である。ナイロンナットは、文字通りナットの一部にナイロンを固定させたナットで、そのナイロンによって、振動による緩みや戻りを防止する。S形ナットは上部の3カ所をカシメることによってナイロンナットと同様に緩みや戻りを防ぐ。

いずれも車体の足回り、具体的にはブレーキやサスペンション、ショックアブソーバーといった部品を車体に締結するために用いられることが多いという。現在市販されているクルマでは、一台当たり数十個程度の戻り止めナットが使用されているとみられる。

同社の強みの一つは、短納期でも臨機応変に対応が可能なことという。同社は検査や梱包などを行う本社工場のほかに、沼津市の南端にある戸田(へだ)に3つの工場を持っている。第一工場で冷間圧造、第二工場でタッピング(ねじ立て)、第三工場でNC切削加工をそれぞれ行っている。

イズラシが製造する各種ナット、関連部品
イズラシが製造する各種ナット、関連部品