静岡県沼津市に本拠を構える株式会社影山鉄工所は、1947年創業と74年の歴史を持つ企業だ。鉄骨製造業を主軸に訪問看護、ICT(情報通信技術)、HR(戦略人事)・ブランディングなどの事業を多角的に展開している。近年はM&Aも開始し、グループを成長軌道に乗せている。

3代目の現代表・影山彰久氏の祖父が板金・溶接業者として会社を設立。先代である影山氏の父の代から建築分野の鉄骨製造業に参入した。以来、集合住宅・ビル等の重量鉄骨施工や、鉄骨機械製作・加工などを主に手掛けている。

「鉄骨を造る基となる設計図作成から始まり、購入した鋼材を切断・溶接して様々な加工を施し、現場に輸送して組み立てるまでを担う。これらの工程の中で、強みといえるのは創業以来磨いてきた溶接の技術。多様な資格を社員が取得し、日々研鑽することで、様々な厚さ・材質の鋼材を扱えるのが当社の特徴です」

こうした鉄骨製造を軸とする同社が、一見関連性の見えない訪問看護やICTといった他の事業になぜ取り組むようになったのか。一番のきっかけはリーマンショックであったと影山氏は語る。

「2006年の入社以来、職人として工場で仕事をしてきた。当時は小規模ながら業績は右肩上がりで伸びていたが、リーマンショックでは大きな影響を受けた。そのとき、今後も建築のみで事業を続けるのはリスクが高いと感じ、リスクヘッジのためにも2本目、3本目の柱を探そうと考え始めた」

それからしばらく時間が流れ、創業70周年の節目を2年後に控えた2015年、影山夫人の家系に看護師が多かったことに着想を得て、“2本目”の柱とすべく福祉事業に着手。地元・沼津に「えんじぇるず訪問看護リハビリテーション」を開設した。「地元に還元したいとの想いがあった。訪問看護はまさに地元密着なので、その想いとぴったり合った」と影山氏。

えんじぇるず訪問看護リハビリテーション
えんじぇるず訪問看護リハビリテーション