静岡県は、日本の湾の中で最も深い駿河湾を中心として東の相模灘から西の遠州灘まで500kmを超える海岸線を有し、多彩な海洋環境と生物・資源に恵まれた県である。これらを活用した産業の振興と創出を目指しスタートしたのが「マリンオープンイノベーション(MaOI)プロジェクト」だ。静岡県では既に農業分野で先進的な取り組みを進める「AOI(アグリオープンイノベーション)プロジェクト」を展開しており、その海洋版として位置づけられる。

もともとは静岡県が中心となって2018年に「マリンバイオテクノロジー研究会」を発足。我が国を代表するバイオ、海洋分野の研究者が参加し、マリンバイオテクノロジーを活用した新たな産業振興の施策について検討を行った。この協議会の提言を受け、プロジェクトを推進する団体として2019年7月に設立されたのが「一般財団法人マリンオープンイノベーション機構(MaOI機構)」である。

MaOI機構設立の背景には海洋の持続可能な開発という視点があると、専務理事兼事務局長の渡邉眞一郎氏は話す。

「持続可能な開発目標(SDGs)では、まさに目標14に『海の豊かさを守ろう』と明記されている。そもそも、これからの時代は人だけが豊かになるのではなく、人も自然も共に豊かになるという観点が不可欠であり、産業振興と環境保全の両立は世界的な流れだ。世界では持続可能性を踏まえた海洋経済をBlue Economyという言葉で表していることから、MaOI機構も同じくBlue Economyを掲げて産業クラスターの形成に向け取り組むこととなった」

注目を集めるBlue Economy
注目を集めるBlue Economy