目視検査は文字通り人間が目で見て行う検査です。

外観検査(外から見た形状検査)や、官能検査(ゴテゴテしている、すっきりしているなどの感覚検査)、傷検査など、人間が目で見て行っている色々な検査を総称して、人間の五感の「視力」で行う検査となります。

人間はとても万能なので、これらの検査をすべてこなしますが、まだコンピュータでは、それぞれの目的に応じた検査を開発する必要があります。
人間より機械が優れている点は、「同じものを、何度やっても同じ検査結果とする」事でしょうか?

もう一つは、すべてのケースとは言えませんが処理速度です。
ただし、処理速度は一定の速度以上にする為には、処理のハード化が必要になり、突然「検査コスト」が高額になります。

繰り返して同じ結果、と、処理の高速性をどう生かすかが「目視検査」の自動化導入のポイントですね。
繰り返して同じ結果を得られる事が、生産のトレーサビリティにつながると言われてます。
処理の高速性は、人間が色々な角度から「見る」を、機械に代わるときに有効になる事もあるようです。

我々は、「機能の実現手段の開発」に特化してますが、「導入メリット」の開拓に特化しているシステムインテグレーター様など、多くの人が関わる事で導入メリットを大きくして頂きます。

---

【会社概要】(WEBからは「画像処理 開発」で検索)

KITは画像処理専門開発メーカー。

お客様の製品の付加価値を高めていただくために、
「部品」としての「画像処理」技術を追求し、提供する会社です。
単にソフト開発とハード開発を行うだけではなく、
それらの手段を駆使して「KITの画像処理」という価値を生み出し、
色々な応用分野で独創的な製品を世に出すお手伝いをしています。

 価値の高い画像処理技術を生み出すためには、
同じ会社内に、アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発を
それぞれ専門として深く追求するメンバーが活躍してます。
 社員全員の共通テーマは「画像処理」。
この共通テーマに向けて全員で知恵を絞って23年間チャレンジ
を続けてます。

企業ロゴ
展示会デモ