言い換えれば、未経験だと高い。となりますよね?

でも、頼む方からの安心感としては当然「実績有」の方が、依頼したい事を完成させてくれる可能性が高いと推測されます。

ところが、「実績ある処理を再利用するので安いでしょ?」と言う話もよく聞く事です。
あれれ?どちらが正しいのか?正解は無いのか?弊社でもわかりません。

但し、弊社の場合では、実績があって類似な機能でも、過去の処理のまま使えると言う事は、一度も無いです。
目的に特化した処理なので、目的に合わせて処理を変えるからです。

特化したチューニングとでも言うのでしょうか?速度を少しでも高速に。となれば、汎用性は捨てて高速化します。
演算途中で、計算の打ち切り。とか演算精度を目的に必要なところまで落とす事で、FPGAのゲート規模を下げたり、プログラムのステップ数を減らしたり。

見た目は似ているけど、処理は異なるのです。
展示会で、ご覧頂く処理は、参考出品となる理由でもあります。

---

【会社概要】(WEBからは「画像処理 開発」で検索)

KITは画像処理専門開発メーカー。

お客様の製品の付加価値を高めていただくために、
「部品」としての「画像処理」技術を追求し、提供する会社です。
単にソフト開発とハード開発を行うだけではなく、
それらの手段を駆使して「KITの画像処理」という価値を生み出し、
色々な応用分野で独創的な製品を世に出すお手伝いをしています。

 価値の高い画像処理技術を生み出すためには、
同じ会社内に、アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発を
それぞれ専門として深く追求するメンバーが活躍してます。
 社員全員の共通テーマは「画像処理」。
この共通テーマに向けて全員で知恵を絞って23年間チャレンジ
を続けてます。

企業ロゴ
展示会デモ