コロナ対策で、3月末からテレワーク率を高める環境作りをしてます。

業種的には、コンピュータには強いハズですし、コンピュータがあれば、普段通りの仕事ができるハズなので、セキュリティとの戦いがメインだと思っていました。

それらの環境構築は、想定通りにスムースにできました。以外なところが、FAXでした。

普段から、注文書などは、FAXで頂くお客様が一番多いのですが、これまで、FAXは会社に出社してないと、気がつかないので「誰がが順番に出社」と考えていましたが、調べたところ、今使用しているコピー機が、FAX受信して電子データ化して配信できるシステムだった事に気づきました。
 逆に送信も、電子ファイルを相手先のFAX機に送信できる事もわかりました。

画像処理の開発を全員が業務にしているのに、もう何年も使い続けているコピー機の機能を、こんな事が無いと気づかないとは、「必要」と思わないと調べもしない。
お恥ずかしいような、当たり前のような。
仕込んである機能も、案内しなければ意味がありませんね。

残念ながら、6月に開催予定だった画像処理セミナーも延期が決まりました。
いつまで続くか、誰にも予測できないと思います。
感染予防して経済活動し続けられる我々の業種の使命は、経済活動を止めない事だと思います。

一日も早く「過去の事」として、話せる日が来る事を祈って、開発仕込みを続けます。

---

【会社概要】(WEBからは「画像処理 開発」で検索)

KITは画像処理専門開発メーカー。

お客様の製品の付加価値を高めていただくために、
「部品」としての「画像処理」技術を追求し、提供する会社です。
単にソフト開発とハード開発を行うだけではなく、
それらの手段を駆使して「KITの画像処理」という価値を生み出し、
色々な応用分野で独創的な製品を世に出すお手伝いをしています。

 価値の高い画像処理技術を生み出すためには、
同じ会社内に、アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発を
それぞれ専門として深く追求するメンバーが活躍してます。
 社員全員の共通テーマは「画像処理」。
この共通テーマに向けて全員で知恵を絞って23年間チャレンジ
を続けてます。

企業ロゴ
企業ロゴ
展示会デモ
展示会デモ