KITは全員エンジニアの開発集団。
更に、複数人でテーマを担当するプロジェクト制ではなく、一人一案件と言う体制の開発会社です。

この体制は、創業以来一環して続けてます。メリットは、エンジニアのスキルとして、全体を知る事ができる。開発責任の明確化です。

しかし、デメリットの一つに「同じ会社で一緒に仕事をしているのにコミュニケーションが少ない」事です。

もちろん、プロジェクトを遂行する為のコミュニケーション不足はありませんが、エンジニア同士の雑談から学ぶ。が疎かになります。

考えて、「視点を変える」などの為に、コンビニに買い物にいく。とか、異なる階の自動販売機巡り。など自分のリフレッシュは自由に実施してますが。

そこで、「会議を最小限に」の弊社でも、週に1度全員が集まる「定例会議」の時に、あえて「コミュニケーションタイム」を取っています。その時のお題だしは、小学校の掃除当番表のような手作りの回転板で「お題だし者」が順番にまわってきます。

どんなお題でもOKです。ひとつだけ制約があります。「仕事に関連しない事」です。

お題の例をあげると「アイスクリーム消費量県別ランキングクイズ」だったり、「コロナ禍で変わった事、メリット、デメリットを順番に語る」とか、「子供の頃、どんな子どもだったか自己紹介」などです。

もう何年も続いてますが、今のところ「お題」が尽きる事はありません。雑談も大切です。決して無駄話ではありません。

---

【会社概要】(WEBからは「画像処理 開発」で検索)

KITは画像処理専門開発メーカー。

お客様の製品の付加価値を高めていただくために、
「部品」としての「画像処理」技術を追求し、提供する会社です。
単にソフト開発とハード開発を行うだけではなく、
それらの手段を駆使して「KITの画像処理」という価値を生み出し、
色々な応用分野で独創的な製品を世に出すお手伝いをしています。

 価値の高い画像処理技術を生み出すためには、
同じ会社内に、アルゴリズム開発、ソフト開発、ハード開発を
それぞれ専門として深く追求するメンバーが活躍してます。
 社員全員の共通テーマは「画像処理」。
この共通テーマに向けて全員で知恵を絞って25年間チャレンジ
を続けてます。

企業ロゴ
企業ロゴ
展示会デモ
展示会デモ