ピッツバーグ、2019年9月10日 – 本日、ANSYS (NASDAQ: ANSS) はANSYS 2019 R3の一部としてANSYS Autonomyをリリースしました。エンジニアはANSYS Autonomyを使用して先進的な閉ループシナリオのシミュレーション、自動運転および制御ソフトウェアの開発、機能安全分析、センサー、カメラ、ライダー(Lidar)およびレーダーのシミュレーションを行い、より安全な自動運転車(AV)を開発できるようになります。

完全自動運転車が実用段階に近づくにつれ、安全な運転がこれまで以上に重要となります。AVは複雑な環境や種々の条件下での厳しいテストを必要とします。実車テストでは数十億マイルもの走行や飛行が必要で、これには長い時間および莫大な費用がかかります。システムの安全を妥当性確認しAV開発を加速する唯一の実行可能なオプションは、シミュレーションを用いてAVのバーチャルテストを行うことです。センサーからバーチャルな環境およびAIに至るまで、ANSYS 2019 R3は安全な開発をスピードアップし道路や空中にAVを展開するロバストな機能を提供します。

「ANSYS 2019 R3では、ANSYS AutonomyによりAV用の包括的なバーチャルテストおよび開発環境にANSYSのフラッグシッププロダクトが組み込まれています。ANSYSの総合的なパートナーエコシステムと当社の先進的なソリューションとを組み合わせて、お客様は安全な自動運転の実現を加速することができます。」(ANSYS、システムビジネスユニット担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、Eric Bantegnie)

ANSYSのプロダクトポートフォリオにある多くのプロダクトやコンポーネントの機能強化の中でも、ANSYS 2019 R3では、ANSYS(r) SCADETMファミリープロダクトが拡張され、ANSYS SCADE Visionが加わりました。これによって、お客様は自動運転システムでAIベースの認識ソフトウェアシステムを評価できるようになり、物体検出の不具合低減を図れます。ANSYS SCADE Visionは、AV認識ソフトウェアテストの費用を大幅に削減し、安全を強化しAVデータから高価値を引き出します。ANSYS SCADE Visionは、 Edge Case Research Hologram technology技術を使用しています。

この新しいリリースで、ANSYS(r) SCADE SuiteTMは、先進的な自動車システムの開発および自動運転車システムを制御する組込みソフトウェアの開発に求められる重要な機能を強化しています。ANSYS 2019 R3は、SCADEのAUTOSARサポートを改良し、ISO 26262認証に適合したコード生成およびソフトウェアコンポーネント設計に対応しています。

ANSYS SCADE VisionとANSYS SCADE Suiteに加え、ANSYS 2019 R3では SCANeR™を採用したVRXPERIENCE Driving Simulator、ANSYS VRXPERIENCE HMI、ANSYS(r) SPEOSTMおよびANSYS(r) HFSSTM SBR+といったツールの機能が強化されています。

ANSYS VRXPERIENCEのアップデートにより、シナリオシミュレーション、センサー、サウンドシミュレーションおよび仮想現実(VR)に革新がもたらされました。ANSYS VRXPERIENCEではSPEOS Live Previewも利用できるようになりました。ANSYS VRXPERIENCE HMIを用いれば、ユーザーはVR内のソフトウェアインザループ(SIL)モデルとして組込みソフトウェアを実行し対話的操作を行うことができます。これらのANSYS VRXPERIENCEプロダクトファミリーのアップデートにより、開発者は仮想的にシミュレーションを行い、実物のプロトタイプや道路走行テストでのコストを省いて数多くのシナリオを検証することができます。

※続きは『この PR News の情報をもっと見る』をクリックしてご覧ください。