ANSYS、リニューアルしたElastic Licensingによりオンプレミスでのシミュレーションのサポートを強化
柔軟性のあるライセンシングモデルにより断続的あるいは長期的なビジネスニーズを満たす

ピッツバーグ、2019年10月3日 – ANSYS(NASDAQ:ANSS)が提供する改善されたElastic Licensingソリューションは、新たにオンプレミスでの使用をサポートしインターネットベースでの使用をモニタリングすることによって、お客様にとっての複雑さを低減し柔軟性を向上させました。

エンジニアがいつさらに多くのソフトウェアとハードウェアリソースにアクセスしなければならないかを予測することは、企業にとって重要な課題です。追加リソースが、限定された期間あるいは都度必要となる場合に、ANSYS Elastic Licensingは柔軟に対応できます。改善されたANSYS Elastic Licensingソリューションは、世界で最も広範囲のエンジニアリングシミュレーションソフトウェアのポートフォリオに柔軟かつ使用ベースでのアクセスを提供することによって、ソフトウェアとハイパーフォーマンスコンピューティング(HPC)の使用を最適化します。

ANSYS Elastic Licensingは、スタンドアロンのオプションとして、あるいは変動する要求に合わせて他の既存のライセンスと合わせて使用できます。ANSYS Elastic Units(AEUs)は、あらかじめ決められたパッケージで購入し、ANSYS のポートフォリオ全体に同時にアクセス可能です。また、インターネットで完全に管理できることから、ローカルでのライセンスマネジメントが不要で、それに伴うメンテナンスコストも省くことができます。

「ANSYS Elastic Licensingは、これまではアクセスできなかった専門的なソフトウェア解析に柔軟にアクセスすることが可能で、最大限の効率をもたらしてくれます。ライセンス群にANSYS Elastic Unitを追加することにより作業効率が高まり、コストの最適化が得られます。オンプレミスあるいはクラウド上で適切な時に適切な製品を提供することにより、研究開発を加速することが可能となりました。ここ3年間のANSYS Elastic Unitの使用を通じてその効率を確認し、これからもますます効率を高めていこうと考えています。」(LSIS社、デジタルトランスフォーメーション部門、マネージャー、Shin Bumsik氏)

ANSYSはFlexera社と協業して、ANSYS Elastic Licensingのソフトウェアライセンシング技術を開発しました。

「私たちはANSYSと協業して、Flexeraのソフトウェアを用いたビジネスモデルの革新に取り組んできました。ANSYS Elastic Licensingは、一元化されたインターネットベースの収益化サービスを通じてクラウドとオンプレミスのアプリケーションを組み合わせ、ANSYSのお客様が抱える複雑性を解消します。私たちはこの革新的なソリューションを用いてデジタル企業の収益向上に貢献できることに喜びを感じています。」(Flexera社、サプライヤービジネス部門、シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、Brent Pietrzak氏)

「流体・構造から電磁界およびHPCによるマルチフィジックスまで、ANSYSの使用ベースのライセンスモデルは一連のエンジニアリングシミュレーションソフトウェアへの柔軟性のあるアクセスを提供します。私たちは、いかなるお客様のニーズをも満たすソフトウェアとライセンシングソリューションを提供しています。ANSYS Elastic Licensingでは、クラウド上あるいはオンプレミスでの実行に関わらず、企業がピークタイムあるいは重要なプロジェクトが計画されている時に自由により多くのソフトウェア、より多くの計算パワー、あるいはより多くのハードウェアを得ることができます。」(ANSYS、リードプロダクトマネージャー、Giovanni Petrone)