ポルシェ、ANSYSのテクノロジーを使用してフル電動レースカーでフォーミュラEの チャンピオンシップを狙う

ANSYSのシミュレーションソフトウェアを使用することでPorsche 99X Electricsの先進パワートレインがこれまでにないエネルギー効率を達成

========================================

ピッツバーグ、2019年11月21日 - – TAG Heuer Porsche Formula E Team チームは、 ANSYS (NASDAQ: ANSS) と新たに協業し、2019/2020 ABB FIAフォーミュラEチャンピオンシップ獲得に向けてレースを進めています。 Porsche Motorsport社のエンジニアは、ANSYSの産業界をリードするシステムレベルのシミュレーションソリューションを使用して、ポルシェ史上初のフル電動レースカーであるPorsche 99X Electricの先進的な電動パワートレインのエネルギー効率を大きく高めています。

大都市のシティセンターに設けられた過酷な市街地コースでの高速加速はPorsche 99X Electricのパワートレインに大きな負担をもたらします。規定されたシャシーとバッテリーを用いる中で、エンジニアはパワートレインとそのサブシステムおよびコンポーネントをカスタマイズし、スタートからフィニッシュまで最大のエネルギー効率と車両性能を引き出すことができます。

The Porsche 99X Electric
The Porsche 99X Electric
ANSYSのシステムレベルのソリューションはPorsche 99X Electricに大きな競争力を与え、ポルシェのエンジニアは次世代のポルシェE-パフォーマンスパワートレインを生み出すことができます。これによりその重要なサブシステムとコンポーネントに最大レベルのエネルギー効率をもたらすことが可能となり、モータとパワーエレクトロニクスの効率が最大になり、損失が大きく減少します。

レーストラックで証明した後、ポルシェはPorsche 99X Electricのパワートレインを活用してエンジニアリングの障壁を取り除き、市販の電動自動車時代の到来の先導役となるでしょう。この車両の800ボルト技術は、現在フル電動自動車のPorsche Taycanの量産に使われています。

「ANSYSのシステムレベルのシミュレーションはポルシェE-パフォーマンスのパワートレインのモータ、ギアボックス、パワーエレクトロニクスおよび制御ソフトウェアの最適化に大変役立っており、Porsche 99X Electricが可能な限りのエネルギーをセーブしながら長距離をこれまでにないスピードで走行することを可能にしています。これまでに例のないエネルギー管理を行うことで、このパワートレインはレース中のドライバーに数多くの戦術上の選択肢を与え、車の限界に挑むことを可能とし、競争力を高める決定的な要因となっています。」(Porsche Motorsport社、Vice President、Fritz Enzinger氏)

「Porsche Motorsport社はレース勝利のための基準を打ち立て、当社はPorsche 99X Electricの電動パワートレインを革新し、新しいEモビリティの障壁を取り払い、ポルシェチームがフォーミュラEでの勝利に突き進むことの支援ができることを誇りに思っています。競争上の大きな優位性をもたらすANSYSのシステムレベルのシミュレーションは、Porsche 99X Electricのエネルギーロスを大きく削減し、電動効率を大きく高め、過酷なレース中に最大のパワーを発揮することを実現します。」(ANSYS、シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、Shane Emswiler)