明日のエンジニアを支援するANSYS アカデミックプログラム

---------------------------

ピッツバーグ、2020年1月21日 – ANSYS (NASDAQ: ANSS)は、アカデミックプログラムを通じてシミュレーションソフトウェアの採用の障壁を下げることで、次世代のイノベーションへの道を開いています。プログラムの重要なコンポーネントである学生向けフリーソフトウェアは、2015年後半の開始以来、ダウンロード数が100万回を超え、学生が実社会で競争するために必要なスキルセットを開発し、最新のテクノロジートレンドに先んじてすぐに対応できるようになりました。これによって、卒業後に即戦力になることを支援します。

デジタルトランスフォーメーションがエンジニアリングを再構築するにつれて、企業は、これまでにない設計上の課題を克服するために高度なシミュレーションソリューションに大きく依存しており、シミュレーションツールに精通したエンジニアを採用しようとしています。このスキルのギャップを埋め、企業のイノベーションを加速させるために、ANSYSは教室の内外のあらゆるレベルの学生と交流しています。

87か国の3,200を超える大学の教授と研究者がANSYSソフトウェアを活用し、教室でシミュレーションを実践的な学習体験に取り入れています。 ANSYSアカデミックプログラム は、無料の学生向けソフトウェア、500を超える 学生チーム のスポンサー、ANSYS Student Community を通じて学生を支援します。これにより、ユーザー同士での質疑応答、チュートリアルへのアクセス、エンジニアリングの課題について話し合いが可能になります。

「シミュレーションは教室の内外で重要なツールです。シミュレーションに習熟している学生は、アカデミックの世界から産業界にスムーズに移行できます。 ANSYSを使えることは、エンジニアに大きな利点をもたらします。卒業生は就職後、そのことを実感します。」(University of Texas at Arlington, Presidential Distinguished Professor, Dereje Agonafer氏)

教室やオンラインコミュニティを超えて、大学を拠点とする学生チームは、電子設計から高速輸送まで、現実世界の課題を解決するためにシミュレーションを活用しています。これらのチームは、Formula SAE、SpaceX Hyperloop Podコンテスト、Human Powered Vehicle Challengeなど、さまざまなコンテストに参加しています。

「Solar Team Eindhovenは、今年のワールドソーラーチャレンジに出場し、4人の乗客を快適、安全、かつ信頼性をもって輸送できる車両を設計しました。ANSYS MechanicalとCompositeソリューションは、最適なラミネートを得るためにコンポジットモノコックを設計、検証する上で重要な役割を果たしました。 ANSYSの支援を得て、世界中の16チームを破り、クルーザークラスで1位になりました。」(Eindhoven University of Technology、構造工学部学生、Michiel van Laarhoven氏)

ANSYSは、大学が提供する無料の大規模オープンオンラインコース(MOOC)を通じて、エンジニアのキャリアのあらゆる段階での継続的な教育もサポートしています。コーネル大学のシミュレーション中心のMOOCの1つは、開始以来173か国で142,000件の登録数を達成しました。登録者は、シミュレーション使い始めたばかりの学生から、ANSYSソリューションの理解を広げると定評のあるエンジニアにまで及びます。

ANSYSの最高技術責任者であり、ANSYS アカデミックプログラムのエグゼクティブスポンサーであるPrith Banerjeeは、次のように述べています。 「学生は、学生生活全体を通じてシミュレーションツールや使用説明書にアクセスでき、オンラインコース、学生チームのスポンサーシップ、および業界とのつながりを活用できます。また、私たちはカリキュラムの開発と研究に重要な資料を提供することにより、大学の成功を支援します。未来のエンジニアが、私たちのテクノロジーを大学での研究に活用することで、どのような革新がもたらされるのか、それを見るのを楽しみにしています。」

詳細は ansys.com/ansysoncampus をご覧ください。