多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、2018 International Electron Devices Meeting(IEDM)において、車載用マイクロコントローラ(マイコン)向けに設計された28nm FD-SOI技術と組み込み型相変化メモリ(ePCM:embedded Phase-Change Memory)に基づくアーキテクチャと性能ベンチマークについて発表しました。STのePCM搭載マイコンは、主要顧客向けに現在サンプル出荷中で、車載アプリケーション要件への適合試験や総合的な信頼性評価を2020年までに完了することを目指しています。この車載用マイコンは、ePCMを使用した製品で、パワートレイン・システム、先進的なセキュア・ゲートウェイ、走行安全および高度運転支援(ADAS)システム、車両の電動化などのアプリケーションを対象にしています。

より高い要件が車載システムに求められる中、処理能力の向上、消費電力の削減、メモリの大容量化など、新しい車載用マイコン・アーキテクチャが期待されています。特に重要な課題の1つが、ファームウェアの大幅な複雑化とサイズ増加に対応する内蔵メモリの大容量化です。AEC-Q100 Grade 0に準拠し、動作温度範囲が最高+165°CのePCMは、この課題をチップレベルおよびシステムレベルで解決します。また、STの技術により、リフローはんだ付けを想定した高温環境下や放射線下におけるファームウェア / データ保持力が確保されているため、データの安全性がさらに向上します。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011