STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、Bluetooth(R) Low EnergyとSub-GHz無線の同時通信に対応した無線開発キットのSTEVAL-FKI001V1を発表しました。この開発キットは、さまざまな無線ネットワーク・トポロジ、プロトコルを使用し、機器自体の設定や、更新、遠隔制御、追跡を必要とするスマート・センサ、スマート・トラッカーのようなIoT機器の設計の開発、評価を容易にします。

STEVAL-FKI001V1には、STのBluetoothシステム・オン・チップ(SoC)であるBlueNRG-1と、Sub-GHzトランシーバICであるS2-LPが搭載されており、スマート・ホームやスマート・ビルディングのほか、アセット管理、エネルギー管理、スマート農業、産業用モニタリング、産業機器制御などの用途で、創造的な機器開発が可能になります。デュアル無線アーキテクチャにより、柔軟に無線周波数帯域とプロトコル(Bluetooth Low Energyまたは独自規格の2.4GHz、Sub-1GHz、Sigfoxなど)を選択することが可能です。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011