多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、スマートフォンのカメラ画質の向上とビジュアル・データの正確なスクリーン表示を可能にする、革新的なフルカラー周辺光センサVD6281を発表しました。同製品は、周囲の色温度、紫外線(UVA)レベル、および照明の周波数情報を同時に提供することで、カメラのホワイト・バランス補正と色表現を向上させるとともに、適正な露出時間を設定することで、特にLED光源下で発生しやすいフリッカによるアーティファクトや動画・静止画の「帯状のちらつき」を防止します。

STのイメージング事業部ジェネラル・マネージャであるEric Aussedatは、次のようにコメントしています。「STの新しいVD6281は、カメラ・システムに関する当社の幅広いノウハウを活用した、最新のマルチスペクトル周辺光センサです。当社の周辺光センサとフリッカ・センサのロードマップは、業界最先端であるSTのToF(Time-of-Flight)製品FlightSense™のポートフォリオを補完します。高品質・高画質カメラを搭載するスマートフォンが増加する中、スマートフォンのカメラ画像におけるホワイト・バランス補正とフリッカによるアーティファクト除去に役立つ先進的なソリューションを提供することが当社の目標です。VD6281を採用したモバイル機器は2018年に既に発売されており、さらに多数の製品が近く発売される予定です。」

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011