STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、3軸加速度センサと温度センサを1チップに集積したLIS2DTW12を発表しました。同製品は、荷物の追跡システム、ウェアラブル機器、IoT端末など、スペースとバッテリ容量に制約のある検出機器に最適です。温度検出精度は0.8°Cで、これは一般的なスタンドアロンの温度センサと同等の精度です。

LIS2DTW12は、温度補正機能の向上に加え、センサの優れた精度を活用することで、65通りのユーザ・モードという優れた柔軟性を実現しているため、開発者はアプリケーションの仕様条件に応じて消費電力とノイズを最適化することができます。最大±16gの選択可能な加速度検出範囲を持つとともに、1.6Hz~1600Hzの出力データ・レートで加速度を測定できます。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011