STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、最新のトレンチ・フィールド・ストップ(TFS)技術を活用し、PFCコンバータ、溶接機、無停電電源装置(UPS)、太陽光発電システム用インバータなど、中・高速アプリケーションの効率と性能を向上させる650V耐圧IGBTのHB2シリーズを発表しました。同シリーズには、AEC-Q101 Rev. D規格に準拠した車載用製品も含まれています。

STPOWER™ポートフォリオに新たに加わったHB2シリーズは、低VCEsat(1.55V)による優れた導通性能を備えています。同時に、ゲート電荷を低減することで、動特性が向上しているため、低ゲート電流での高速スイッチングが可能です。優れた熱性能が、信頼性と出力密度の最大化に役立つ一方、高い競争力も実現しています。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011