STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、「カラー・チェイシング」や「ディープ・ブリージング」などのLEDアニメーション効果を乱すアーティファクトを防止する特許取得済み技術を採用した12チャネルLEDドライバ LED1202を発表しました。同製品により、スマートホーム機器、ウェアラブル機器、小型家電などのよりスムーズで自然な操作が可能となります。

LED1202は、8個のパターンおよびシーケンス・プログラムを保存し、メイン・コントローラから独立して動作できるため、ホスト・システムの消費電力を抑えると同時に、洗練された照明効果を継続的に実現します。12bitのPWM調光機能を内蔵しており、プログラムされたシーケンスを高精度に制御できます。また、ドライバのI2Cインタフェースを介してメイン・コントローラから8bit値によるアナログ調光が可能です。ドライバ回路に必要な外付け部品は、最小限に抑えられています。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011