STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、最新のPoE(Power-over-Ethernet)規格であるIEEE 802.3btを利用して、小型かつ信頼性の高い受電デバイス(PD)を迅速に開発することができる、新しいチップセットを発表しました。

PM8804およびPM8805は、最大71Wのパワー・バジェットを規定しているclass-8までのPDに対して、PoEコンバータ回路を提供します。このSTの新しいPoEチップセットは、次世代通信機器(5G用「スモール・セル」、WLANアクセス・ポイント、スイッチ、ルーターなど)の省スペース化、信頼性向上、および開発期間短縮に貢献し、スマート・ビルやスマート・オフィス向けのさまざまな機器(IPカメラ、入退室管理システム、ディスプレイ・パネル、照明、カーテンやシャッターの制御、ビデオ通話システム、IP電話、据え置き型コンソールなど)に最適です。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011