最新のスマートな電子機器には、センサを利用した機能が多く搭載されるとともに、SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)などの省電力化に向けた高効率電源技術が採用されています。多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、このような電子機器の制御に最適な新しい32bitマイクロコントローラ(マイコン)を発表しました。

先進的なデジタル・パワー・アプリケーション、コンスーマ機器および産業機器を対象とするSTM32G4マイコン*は、新しいハードウェア数値演算アクセラレータを2種類搭載し、さまざまな機能にCORDIC(1) 関数とフィルタリング関数を使用してアプリケーションの処理を高速化することで、高性能化と高効率化を実現します。生活家電やエアコンの省電力モータ制御に使用される三角関数などの計算の高速化と、信号処理やデジタル電源制御におけるフィルタリングに特化したこのアクセラレータは、汎用のメインCPUより高速かつ高効率に演算を実行します。これにより、CPUの負荷が軽減されるため、センサ・データの受信とユーザ機能の制御をより多く処理できるようになります。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011