STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、新しい歪み除去技術による入力電流整形(ICS)回路を搭載した高電圧AC/DC LEDドライバである、HVLED007を発表しました。同製品は、ますます厳しくなる照明関連の規制に準拠する省電力のソリッド・ステート照明の開発に役立ちます。

HVLED007は、絶縁型の高力率・擬似共振フライバック・コンバータ用に最適化された、ピーク電流モードPFCコントロールを行います。ICS回路により、負荷と入力電圧の全範囲にわたり非常に低い全高調波歪(THD)を実現できる(全負荷範囲で5%未満)ため、ほぼ完全な正弦波の入力波形が得られます。1に近い力率と90%超の最大エネルギー効率を持つHVLED007は、最大80Wの中・高電力LED照明を1個のICで複数個制御したいというニーズをサポートします。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011