STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、パワー・マネージメントICであるSTPMIC1を発表しました。4個のDC-DC降圧コンバータ、DC-DC昇圧コンバータ、および6個の低ドロップアウト・レギュレータ(LDO)を搭載し、高集積のアプリケーション・プロセッサを使用したシステムに要求される複雑な電源仕様に対応します。

STPMIC1は、STのマルチコア搭載の汎用マイクロプロセッサであるSTM32MP1のコンパニオン・チップとして最適化されています。STM32MP1はシングル・コアまたはデュアル・コアのArm(R)Cortex(R)-A7とCortex-M4、3Dグラフィックス処理ユニット(オプション)、および豊富なデジタル / アナログ・ペリフェラルを集積しており、幅広いアプリケーションを対象にしています。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011