多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、IoT端末向けにセキュリティ機能を強化した、超低消費電力マイクロコントローラ(マイコン)STM32L5x2を発表しました。

STM32L5シリーズ(最大動作周波数 110MHz)は、Arm(r) TrustZone(r)によるハードウェア・ベースのセキュリティを実装したArm(r) Cortex(r)-M33(32bitRISC)を搭載しています。デスクトップPCやモバイル機器、通信インフラなどに向けて考案されたトラステッド・コンピューティングにより、デバイスやソフトウェアへの不正アクセスを防止するサイバー保護や機密コード(暗号技術およびキー・ストレージ)を実行する保護された環境を構築し、ネットワークに接続された機器を認証します。また、分離された実行環境により、信頼できないコードを実行することも可能です。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011