多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、電気自動車(EV)の信頼性、安全性、航続距離、およびコスト効率を向上させる新しいバッテリ・マネージメントICのL9963を発表しました。

EVは、2030年までに従来の内燃エンジン自動車と同等の価格となり、販売台数では2038年までに上回ると予想されています。STは、自社技術を活用し、自動車メーカーをサポートすることでEVの普及に貢献しています。今回発表した先進的なバッテリ・マネージメントICは、優れた電圧測定精度により航続距離とバッテリ寿命を延長すると同時に、温度モニタ用の入力の追加により安全性を向上させています。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011