STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、プログラム可能な耐放射線性カレント・リミッタ(ICL)のRHRPMICL1Aを発表しました。同製品は、宇宙空間で使用される電子機器を電力のサージおよび過負荷による損傷から保護します。

RHRPMICL1Aは、あらゆる衛星に搭載されている機能の標準化と小型化に向けた欧州宇宙機関(ESA)の独自コンセプトのもと、ESAおよびフランスの宇宙機関であるフランス国立宇宙研究センター(CNES)の支援を受けて開発されました。プログラム可能かつ標準化されたソリューションとして、宇宙アプリケーションのパワー・マネージメント向けに幅広く使用することができ、優れたコスト・パフォーマンスを提供します。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011