STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、ESCC(European Space Components Coordination)認定取得済みの新しい耐放射線性整流ダイオード(耐圧200Vおよび400V)、およびSEB(1) 耐性を備えた耐放射線性ショットキー・ダイオード(耐圧45Vおよび150V)を発表しました。これにより、航空宇宙アプリケーション向け耐放射線性パワー・デバイスの製品ポートフォリオが拡張されました。

耐放射線性ショットキー・ダイオードには45V耐圧と150V耐圧の製品があり、線エネルギー付与(LET)で最大61MeV/cm2/mgのSEB耐性を備えています。また、SEB耐性を備えたショットキー・ダイオードであるため、多くの電力変換の回路方式に適しています。150V耐圧製品は100Vの衛星用電源バス、45V耐圧製品は28Vの衛星用電源バスにそれぞれ直接接続することができます。150V耐圧製品の最大順方向電圧(VF)は40A/125°C時で0.78Vで、45V耐圧製品の最大VFは0.61Vです。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011