STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、LEDを使用した街灯および中・高電力の照明機器の開発を加速させる、LEDドライバ評価ボード「EVL150W-HVSL」を発表しました。同ボードには、高性能化と部材コストの削減に貢献するさまざまな機能が搭載されています。

EVL150W-HVSLは、AC電源入力ドライバ(最大出力150W、1A)として全負荷範囲で91%を上回る効率を得ることができるため、街灯の電気料金を最小限に抑えることができます。電磁干渉(EMI)はEN55022規格の範囲内に抑えられており、230VのAC入力で30%~100%負荷範囲における入力電流の全高調波歪(THD)は10%未満のため、照明機器に関する規格であるヨーロッパのEN61000-3-2 Class-C規格および日本のJEITA-MITI Class-C規格に準拠しています。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011