STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、STの第2世代Bluetooth(r) Low Energyシステム・オン・チップ(SoC)「BlueNRG-2」を搭載したモジュール「BlueNRG-M2SA」用の開発ボードである「STEVAL-IDB008V1M」を発表しました。同製品は、BlueNRG-M2SAを使用したアプリケーションの開発期間を短縮します。

BlueNRG-2は、Bluetooth 5.0規格に準拠し、LE Secure Connectionsによるセキュリティの向上、Link Layer Privacy 1.2による電力効率に優れたプライバシー保護機能、およびLE Data Length Extensionによる高スループット化(最大2.6倍)を実現します。Bluetoothのスタックとアプリケーション処理を実行するArm(r)Cortex(r)-M0(最大動作周波数32MHz)に加え、リング・オシレータ(32kHz)やRAM(24KB)、プログラム用のFlashメモリ(256KB)を搭載しています。また、スタンバイ電力が低減されているため、Bluetoothスタックが有効かつRAMの内容が完全に保持された状態で、スリープ・モードの消費電流をわずか0.9µAに抑えることが可能です。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011