STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、STM32マイクロコントローラ(マイコン)のソフトウェア開発エコシステムであるSTM32Cube(r)に新機能を追加したことを発表しました。追加された新機能により、ユーザはソフトウェア・サンプルの選別や、開発ツールの入手と適用、STM32Cube拡張パッケージのカスタマイズ、使用および共有をより簡単に行うことができます。

今回のアップデートでは、マイコンの初期化コード自動生成ツール「STM32CubeMX」(バージョン6.0)と、マルチOS に対応したC/C++の統合開発環境である「STM32CubeIDE」(バージョン1.4)に新機能が追加されました。これらのツールでは、最新のSTM32Cubeソフトウェア・パッケージおよび拡張パッケージに直接アクセスし、STM32ファミリのマイコンやペリフェラル、センサやコネクティビティなどの外付け部品に活用できる有用なソフトウェアを使用することができます。また、さまざまなソフトウェア・サンプルを簡単に参照し、任意のサンプルからプロジェクトを直接開始することも可能です。

(このPR Newsのつづきは、以下ボタンをクリックしていただくとご覧いただけます。)

お問い合わせは販売代理店またはSTマイクロエレクトロニクスまで:

■アクシスデバイス・テクノロジー(株)03-5484-7340
■クロニクス(株)03-5322-7191
■(株)ネクスティ エレクトロニクス 03-5462-9622
■伯東(株)03-3355-7635
■(株)マクニカ 045-470-9831
■(株)レスターエレクトロニクス 03-5781-1011