※本資料は、Micro Focus社が12月7日(現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳です。

=================================================
マイクロフォーカス、独立系調査会社によるハイブリッドクラウド管理ベンダーの
最新評価においてリーダー企業に選出

マイクロフォーカスのHybrid Cloud Management Xが
2020年第4四半期の独立系調査レポートでリーダーに位置づけ
=================================================

2020年12月7日 米国カリフォルニア州サンタクララ
Micro Focus(LSE: MCRO; NYSE: MFGP、マイクロフォーカス)は本日、同社の「Hybrid Cloud Management X」(以下HCMX)ソリューションが The Forrester Wave™: Hybrid Cloud Management, Q4 2020(フロンティア・ウェーブ: 2020年第4四半期のハイブリッドクラウド管理)においてリーダーの評価を得たと発表しました。本レポートには、「マイクロフォーカスのディスカバリーとアグリゲーションの手法、サービス・オーケストレーション、管理者とユーザー向けのダッシュボード、テンプレートおよびワークフロー設計者などについて、リファレンス顧客から賞賛を得ている」と記載されています。
(本レポートの参照)
https://www.microfocus.com/ja-jp/assets/it-operations-management/forrester-wave-hcm-q4-2020

マイクロフォーカスの最高製品責任者、トム・ゴーギャン(Tom Goguen)は次のように述べています。「HCMXは、IT運用チームがサービス提供を自動化できるようにし、開発者には利便性の高いITサービスフルフィルメント体験を提供します。当社では自身のソフトウェアファクトリー(Software Factory)を構築するうえで、HCMXを導入して開発者にセルフサービスを提供しながら、利用状況を透過的に管理するようにしました。その結果、当社では初年度にインフラとクラウドのコストを100万ドル削減するとともに500万ドル相当のハードウェアを再配置することができました。HCMXによる私たち自身の成功とお客様の成功によって、最新のForrester Wave for Hybrid Cloud Management(ハイブリッドクラウド管理に関するフォレスターウェーブ)でリーダーの地位を獲得できたことを光栄に思います」
(ソフトウェアファクトリー;Software Factoryについて)
https://www.microfocus.com/ja-jp/digital-transformation/our-perspective/software-factory

HCMXは、パブリッククラウドまたはオンプレミスで実行可能なクラウドネイティブなマルチテナントクラウド管理ソリューションです。マルチクラウドサービスの消費量を単一のビューで把握でき、割引管理のための分析に基づいた推奨事項も合わせて表示されます。また、それによって顧客は、既存のオンプレミスの投資を活用しながら、スピード、規模、アジリティ、およびコスト削減のメリットを簡単に実現することができます。
(HCMXの製品情報について)
https://www.microfocus-enterprise.co.jp/products/it-operations-management
https://www.microfocus.com/ja-jp/products/hybrid-cloud-management-x/overview

マイクロフォーカスのHCMXは、「非常に複雑な環境の管理を必要とする大企業に最適」であるとフォレスターのレポートには記載されています。顧客はそのサポートサービスも気に入っており、移行およびワークロードやセルフサービスコンポーネントの開発において、エンドユーザーのトレーニングやオンボーディングを行う専門のサービスチームによるオンサイトサポートが優秀であるとコメントしています。

スナム(Snam)社のクラウドプラットフォーム&サービスプロビジョニング担当マネージャー、リカルド・モンタナリ氏(Riccardo Montanari)は次のように述べています。「自動化は当社の業務に重要な要素あるため、すべてのITワークフローを効率的に管理する単一のソリューションを求めていました。Micro Focusの HCMXを導入することで、オンプレミスとクラウドの両方のデータセンターにITサービスを迅速にプロビジョニングできるようになり、柔軟性が向上し、ガバナンスのガードレールを管理しやすくなるという明確なメリットが得られます」

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのメンバーである451リサーチの調査担当ディレクター、ウィリアム・フェロウズ(William Fellows)氏は次のように述べています。「マイクロフォーカスのHybrid Cloud Managementは、運用段階の対策も含め、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド環境にまたがるエンドツーエンドのサービスフルフィルメントとガバナンスを提供するために拡張されています。それは、パブリッドクラウドへの過剰な支払い、社内のリソース配信の遅れ、ハイブリッドITの構築および展開の複雑さ、サイロ化されたツールの管理などに対応しています」

デジタルトランスフォーメーションが戦略的なビジネスの変革を推し進めるなか、マイクロフォーカスのHCMXは、顧客が既存のオンプレミス投資を活用し、ITの総所有コスト(TCO)を削減できるよう支援する方法のひとつです。

■追加情報:
LinkedInでマイクロフォーカスに加わり、ツイッター@MicroFocusでフォローしてください。

以上

Micro Focusについて
Micro Focusは、エンタープライズソフトウェアを通じてグローバルで40,000以上のお客様のビジネスの遂行と変革、適応を支援しています。堅牢な分析エコシステムに支えられた包括的なポートフォリオを持つMicro Focusは、既存技術と新興技術のギャップを埋める実用的で顧客中心のソリューションを提供し、企業がスマートデジタルトランスフォーメーションを実現できるよう支援しています。

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社は、Micro Focusの日本法人です。Micro Focusに関する詳細は www.microfocus.com、マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社に関する詳細は https://www.microfocus-enterprise.co.jp/ をご覧ください。