---------------------------------------------------------------------------
SFA/CRMソリューション「intra-mart DPS for Sales」SaaS版の提供開始
顧客接点業務・営業活動をより柔軟にスピーディーにサポート

https://www.intra-mart.jp/topics/2020/006314.html
---------------------------------------------------------------------------
 株式会社NTTデータ イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人 以下、イントラマート社)は、昨年10月にリリースしたSFA/CRMソリューション「intra-mart DPS for Sales」※1(以下、DPS for Sales)のSaaS版の提供を2020年4月1日から開始しました。本リリースによって、素早く導入・利用開始できるようになり、営業活動の可視化による効果的な顧客深耕、精度の高い受注・売上予測管理など、従来以上に顧客接点業務・営業活動において効果を発揮します。

 顧客ニーズの多様化、購買プロセスの複雑化など著しく変動する昨今、企業は即座に対応できる体制作りが求められると同時に、手軽で柔軟に利用できるSaaSのニーズも高まっています。イントラマート社では、顧客接点領域からバックオフィスまでの業務プロセスを自動化する「intra-mart DPS for Sales」を昨年リリースし、このたびより低コストでスピーディーに導入可能なSaaS版の提供形態を追加しました。企業に適した利用形態で導入しやすくなるとともに、さらなる機能強化を図ることで企業の営業活動を強力にサポートします。

 SaaS版のDPS for Salesには、ユーザーライセンスにintra-mart Accel Platform(以下、iAP)の基盤機能が含まれています。そのため、iAPの購入やAccel-Mart※2の契約が不要となり、SaaS版の申し込みを行うだけで、すぐにDPS for Salesが利用できます。さらにSaaS版のDPS for Salesには、on Accel-Martプランへのアップデートパスが用意されています。これにより、まずDPS for Salesで小さくintra-martの利用を開始し、その後システム共通基盤としての魅力を十分に理解した上で、on Accel-Martプランへ移行し、システム共通基盤として本格的にintra-martを活用していくというこれまでにない段階的な活用プランが可能になります。

■様々な機能強化ポイント
<名刺管理機能のOCR連携>
スマホで撮影した名刺情報(会社名・部署・役職・氏名など)をアプリケーションへ取り込めるようになりました。取り込んだ名刺情報はその場ですぐに呼び出すことが可能なため、スマホで活動報告書を作成する際に、顧客側の打ち合わせ参加者として選択することが可能になります。

<オリジナルExcel帳票のテンプレート登録>
Excel同等の画面でデータベース上の値をリアルタイムに集計できるIM-SpreadSheet※3による集計帳票機能を拡充しました。事前にさまざまな用途のExcel帳票テンプレートを複数登録できるようになったことで、部門や個人の予実管理(予算実績管理)に完全対応しました。今お使いの営業系帳票の全てをDPS for Salesに一元化することが可能です。

<画面項目の自由編集>
DPS for Salesの画面項目名称が自由に編集できるようになりました。これにより、「案件」という項目を「商談」として利用するなど、導入企業は自分たちの言葉に合わせてシステムを利用できるようになります。PC画面で編集した項目名称は、自動的にモバイルアプリの項目名称にも引き継がれるため、PCとモバイル全てのデバイスで自分たちの言葉を利用できます。

 なお、イントラマート社は、「intra-mart DPS for Sales」について、SaaS提供を軸に2020年度中に100社への採用を計画しています。

■intra-mart DPSサイト
 https://dps.intra-mart.jp/forsales/
 ・製品のご紹介、営業にまつわる最新情報や活用事例を随時更新予定です。
 ・公開は予告なく変更する場合があります。

※1:「intra-mart DPS for Sales」
   https://www.intra-mart.jp/topics/2019/006189.html
※2:Accel-Martは intra-martのBPM/ワークフローをはじめとするさまざまな機能およびアプリケーションをクラウドで提供するプライベートクラウドサービスです。クラウド基盤はAmazon Web Serviceを採用しています。
   http://www.accel-mart.com/
※3:「IM-SpreadSheet」
   https://www.intra-mart.jp/topics/2018/005666.html

新しい提供形態
新しい提供形態