---------------------------------------------------------------------------
        株式会社日立 ICT ビジネスサービスが
       イントラマートの DX 人財育成研修を採用
     ~BPMS+RPA による業務の可視化・自動化を実現~

     https://www.intra-mart.jp/topics/006492.html
---------------------------------------------------------------------------

 株式会社NTTデータ イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人、以下:イントラマート社)は、株式会社日立 ICT ビジネスサービス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:佐藤尚彦、以下:日立 BS 社)が BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス※1 の DX/業務改革を推進・実践できる人財※2 育成を目的に、「IM-QuickActivate BPM 実践ワークショップ研修※3」を採用したことを発表します。

 日立 BS 社は、日立グループを中心とする BPO および各種ビジネスサービスの提供を主力事業とし、近年は BPMS※4 と RPA による業務の自動化を強化しながら「営業事務支援」や「知的財産管理事務支援」など、さらなる顧客二ーズに応える BPO サービスの拡充を手掛けています。日立グループ全体が事業のデジタル化を進める中で、同社が担当する BPO 業務においても業務内容を十分に理解した人財によるデジタル技術の導入が喫緊の課題となり、提案型 BPO 担当の育成にイントラマート社の「IM-QuickActivate BPM 実践ワークショップ研修」を採用しました。

 今回の採用に際しては、業務改革や DX 人財を育成する研修の内容が充実していること、研修の中でDigital Process Automation Platform※5「intra-mart(r)」のローコード開発により、BPMS のプロトタイプ構築まで実践できること、既存の RPA や他システムとの柔軟な連携も可能であることの 3 つを高く評価頂きました。今回、「IM-QuickActivate BPM 実践ワークショップ研修」によって、日立 BS 社は主に以下の効果を実現しています。

<導入による効果>
・約 2,500 の業務プロセスを可視化し、業務のボトルネックを発見
・90 の業務プロセスを自動化し、業務効率化を実現
・intra-mart と RPA ソフト「UiPath」の連携による野良ロボットの排除
・リモートでの進捗管理や業務負荷の平準化が進展

 日立 BS 社は、BPMS と RPA の適用領域を拡大していくとともに、intra-mart を活用して、DX 時代における BPO 企業へと変革を続けていく方針です。イントラマート社は、今後もお客さま自身で素早くDXや業務プロセス改革を推進できるよう、企業の DX 業務改革を支援します。

※1:BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスは、お客さまの業務プロセスの一部を委託することでコア業務へのリソース集中を可能にし、業務効率化を強力に支援します。

※2:「人財」とは、人材(従業員)が企業にとっての財産であることを指す言葉です。

※3: BPM 実践ワークショップ研修は、現状業務の正確な理解とさらにあるべき DX 業務改革を軸に「過去のしがらみを超えて現場部門自らが策定していく力」を身に着けることが可能なイントラマート社独自の研修コースです。これまで多くの企業が実際に取り組み、多くの成果を上げています。「IM-QuickActivate」に含まれるプログラムの 1 つとして提供しています。
https://www.intra-mart.jp/consulting.html

※4:BPMS(ビジネスプロセス・マネジメント・システム)は、BPM を実現するためのシステムツールです。

※5:Digital Process Automation Platform は、企業内のあらゆる業務を最適なプロセスに見直し、RPA や AI など新たなデジタル技術や多様な開発コンポーネント群との連携により、業務全体のデジタル化・自動化をエンドツーエンドで実現するプラットフォームです。「intra-mart」は、システム共通基盤としてさまざまな業務システムを集約することで、業務プロセスのデジタル化を素早く手軽に可能とし、企業のデジタルトランスフォーメーションを発展的に実現します。
https://www.intra-mart.jp/whats.html

■本事例の詳細は弊社ホームページをご覧ください
https://www.intra-mart.jp/case-study/006423.html

受注システムへ登録する業務プロセス例
受注システムへ登録する業務プロセス例