HPC、AIサーバー向けGPU「A100」を搭載したPCI Expressアクセラレーター
NVIDIA A100 PCIeの受注を開始

NVIDIA(R)のエリートパートナーである株式会社ジーデップ・アドバンス(本社:東京都港区、代表取締役 飯野 匡道、以下 GDEPアドバンス)は、NVIDIA A100 PCI-Expressの受注を9月11日(金)より開始しました。

NVIDIA A100 Tensor Core GPUは、2020年5月のNVIDIA社のイベントGTC2020で発表された新しいアーキテクチャのGPGPU製品です。TMSCの7nmプロセスルールを採用し826平方mmのダイサイズに、従来のVOLTAの倍以上である540億個のトランジスタを搭載した最速のGPUであり、倍精度・単精度をはじめ多様な精度を兼ね備え、マルチインスタンスGPU(MIG)機能により1つのGPUで最大7つのジョブを同時に実行可能。世界で最も困難な計算を必要とするAI、データ分析、HPC分野において驚異的な性能を発揮します。

製品URL
https://www.gdep.co.jp/products/list/v/5f5883d6a25a7

●NVIDIA A100 PCI-Express Gen4
ピーク FP64:9.7 TF
ピーク FP64 Tensor コア:19.5 TF
ピーク FP32:19.5 TF
ピーク TF32 Tensor コア:156 TF
312 TF*
ピーク BFLOAT16 Tensor コア:312 TF
624 TF*
ピーク FP16 Tensor コア:312 TF
624 TF*
ピーク INT8 Tensor コア:624 TOPS
1,248 TOPS*
ピーク INT4 Tensor コア:1,248 TOPS
2,496 TOPS*
GPU メモリ:40 GB
GPU メモリ帯域幅:1,555 GB/s
相互接続:NVIDIA NVLink 600 GB/s ※2枚でのNVLink Bridge利用時
     PCIe Gen4 64 GB/s
マルチインスタンス GPU:最大 7MIG @5GB のさまざまなインスタンス サイズ
フォーム ファクター:PCI-Expressx16 Gen4
最大 TDP 電力:250W
主要アプリケーション実効性能:90%
(*Structural sparsity有効時)

5月に発売されたNVIDIA DGX A100はSXM2ソケットのA100が搭載されていましたが、今回受注を開始したNVIDIA A100はGen4のPCI-Expressインタフェースとなり、柔軟なGPUの増設が可能です。
ただし、Passive(ファンレス)の設計ですので消費電力や廃熱設計の関係から動作確認が取れているサーバーでのみ利用可能となります。なお、GDEPアドバンスではこのNVIDIA A100 PCIeが搭載できるGPUサーバーも販売しています。

NVIDIA A100 PCI-Express
https://www.gdep.co.jp/products/list/v/5f5883d6a25a7
NVIDIA A100 PCIe搭載サーバー
https://www.gdep.co.jp/products/list/v/5f24e55111424

■株式会社ジーデップ・アドバンスについて https://www.gdep.co.jp/
株式会社ジーデップ・アドバンスは、「その仕事にアドバンテージを」コンセプトに、GPGPUをはじめとするアクセラレーターやオーバークロックワークステーション、ライブラリやコンパイラ、ソースコード解析から受託開発に至るまで、仕事や研究を加速するための手段を総合的に提供するAIとHPCのソリューションプロバイダであり、NVIDIA社パートナー認定制度「NPN(NVIDIA Partner Network)」において、日本初のエリートパートナー及び、日本初のATP(Advanced Technology Partner)の認定を受けて活動しています。

■製品、サービスに関するお問い合わせ先
株式会社ジーデップ・アドバンス ソリューション部
E-mail:sales@gdep.co.jp
TEL:03-6803-0620 ※電話受付(平日)9:00~17:00

※NVIDIA、NVIDIAロゴは、米国NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※記載されている情報はリリース時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了、延期となる場合があります。