NVIDIA社の仮想コラボレーションプラットフォーム
「NVIDIA Omniverse(TM)」のアシストセンターを設置

NVIDIA(R)のエリートパートナーである株式会社ジーデップ・アドバンス(本社:東京都港区、代表:飯野匡道 以下GDEP Advance)と、株式会社エルザ ジャパン(本社:東京都港区、代表:内藤万義 以下ELSA)は、NVIDIAの仮想コラボレーションプラットフォーム「NVIDIA Omniverse(TM)」を検証し導入を支援するためのアシストセンター「G.E.T.」を2021年7月(予定)に設置することを本日発表します。

NVIDIA Omniverse(TM)は、仮想コラボレーションとリアルタイム シミュレーションのためのオープン プラットフォームです。複数のユーザーやチームが共有する仮想空間で主要なデザインツール、アセット、プロジェクトについて共有化と共同作業を行うことが可能であり、クリエイター、デザイナー、エンジニアの複雑なワークフローが劇的に変わります。

GDEP AdvanceとELSAが運営するOmniverseアシストセンター「G.E.T.」では、グローバルのOmniverseエコシステムに参加しており、またGDEPが国内総販売元となっている米国BOXX社のRTXサーバーを都内近郊のデータセンターへ設置し、複数のユーザーが同時にリモートアクセスをするOmniverseの実際の利用に即したテスト環境を提供します。

「G.E.T.」では、GPUのプロフェッショナルであるGDEP Advanceと、国内外のM&E環境構築に豊富な実績を持つELSAがタッグを組み、単なるテスト環境の提供に留まらず、利用するアプリケーションの動作検証や最適なハードウェア構成の提案はもちろん、国内初のNVIDIA DGXシリーズテストドライブを運用してきたGDEP Advanceの実績と経験を活かし、パフォーマンスを落とさないためのファシリティや回線環境など、快適なNVIDIA Omniverse環境を実現するための総合的な導入支援を行って参ります。

<株式会社ジーデップ・アドバンスについて>
https://www.gdep.co.jp/
株式会社ジーデップ・アドバンスは、「Advance with you」をミッションに、GPGPUをはじめとするアクセラレーターやハイエンドワークステーション、広帯域ネットワークや高速ストレージを用いたクラスターシステム、さらにライブラリやコンパイラ、ジョブスケジューラなどの運用ツールの提供構築から運用支援まで、仕事や研究を前に進めるための手段をオンプレミスやレンタル、クラウドなどあらゆる形態で総合的に提供するAIとビジュアライゼーションのソリューションプロバイダです。NVIDIA社パートナー認定制度「NPN(NVIDIA Partner Network)」においてCompute DGX、Visualization各コンピテンシーのエリートパートナーとして、またIntel社のインテル(R) テクノロジー・プロバイダー・プログラムにおいて、Titaniumプロバイダー及びHPCデータセンタースペシャリストの認定を受けて活動しています。

<株式会社エルザ ジャパンについて>
https://www.elsa-jp.co.jp/
1997年の設立以来20年以上にわたり一貫してPC向けプロフェッショナル及びコンシューマ向けGPU搭載グラフィックスボードとその関連製品、ビジュアリゼーション関連製品の販売を手掛けています。近年ではGPUの卓越した計算能力を生かしたビッグデータ解析やAI、ブロックチェーンなどの分野で利用される機器や業務用高品質VR向けHMDにも注力しています。

■製品、サービスに関するお問い合わせ先
株式会社ジーデップ・アドバンス ソリューション部
E-mail:sales@gdep.co.jp
TEL:03-6803-0620 ※電話受付(平日)9:00~17:00

※NVIDIA、NVIDIA RTXは、米国NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※記載されている情報はリリース時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了、延期となる場合があります。