窒化ガリウムのFETとICを使ったLidar(光による検出と距離の測定)、DC-DC変換、ワイヤレス・パワーなどのGaNの理論とアプリケーションは、テキスト『GaN Transistors for Efficient Power Conversion』の第3版の中心となるテーマです。

エフィシエント・パワー・コンバージョン社(EPC:Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は10月1日、電力変換業界のエキスパートたちが執筆したテキスト『GaN Transistors for Efficient Power Conversion』の第3版を出版したと発表しました。米John Wiley and Sonsから出版されます。

このテキストは、電力システムの設計工学の学生だけでなく、実践的な技術者に、窒化ガリウム・ベースのトランジスタを使ったより高効率な電力変換システムの設計方法に関する基本的な技術やアプリケーションに焦点を当てた情報を提供するように考慮されています。

窒化ガリウム(GaN)は、電力変換アプリケーションにおいて大きな貢献をしてきたシリコンMOSFETを置き換える最先端の技術です。シリコンがその性能の限界に近づいている一方で、GaNデバイスが優れた導通性とスイッチング特性を提供しているので、これによって設計者は効率を大幅に向上させ、サイズ、重さ、コストを削減できます。

このタイムリーな第3版は、学生や実践的な電力変換技術者を、GaN技術の進展と新たに出現したアプリケーションに対する学習曲線よりも上に引き上げるために大幅に拡張されています。この本は、GaNトランジスタの基本的な構造、特性、および幅広いアプリケーションを理解するための実用的なガイドとして役立ちます。この内容は、

・これらのパワー半導体の基礎物理学に関する議論

・レイアウトやその他の回路設計の考慮事項に関する実践的なガイダンス ・自動運転車用Lidar、DC-DC電力変換、5G通信網で採用されるRF包絡線追跡、ワイヤレス・パワー、D級オーディオ、高放射線環境など、GaNを使用するアプリケーションの例

米バージニア工科大学のパワー・エレクトロニクス・システム・センターのディレクタであるFred C. Lee博士は、「この本はパワー・エレクトロニクス・エンジニアへの贈り物です。ハード・スイッチングとソフト・スイッチングの両方を考慮した設計で、デバイスの物理、特性、モデリングから、回路レイアウトの考慮やゲート駆動の設計まで、包括的な概論を提供します。さらに、広範な新しいアプリケーションにおけるGaNの利用についても示しています」と語っています。

GaN Transistors for Efficient Power Conversionは、John Wiley and Sonsから出版されており、Amazon(amazon.com)ですぐに購入できます。

著者について

著者らは、パワー・トランジスタの設計とアプリケーションで合計90年以上の経験があります。著者のうちの4人はすべて、科学分野の博士号を持ち、広く知られている著者たちです。彼らは、新しいGaNトランジスタ技術の先駆者たちです。Alex Lidow(アレックス・リドウ)博士はトランジスタのプロセス設計に、Michael DeRooij博士、Johan Strydom博士、David Reusch博士、およびJohn Glaserは、パワー・トランジスタのアプリケーションに焦点を当てています。

EPCについて

EPCは、エンハンスメント・モード窒化ガリウムに基づいたパワー・マネージメント(電源管理)・デバイスのリーダーです。EPCは、最高のシリコン・パワーMOSFETよりも何倍も優れたデバイス特性を備えたエンハンスメント・モード窒化ガリウム・オン・シリコン (eGaN)FETを初めて製品化しました。DC-DCコンバータ、 ワイヤレス・パワー伝送、 包絡線追跡、RF伝送、パワー・インバータ、リモート・センシング技術(LiDAR)、 D級オーディオ・アンプ などの用途で、パワーMOSFETを置き換えられます。日本語ウエブサイトはwww.epc-co.com/epc/jp/です。

eGaNは、Efficient Power Conversion Corporation, Inc.の登録商標です

報道関係の問い合わせ先

Efficient Power Conversion:Winnie Wong (winnie.wong@epc-co.com)