ePower™ StageのEPC2152は、デモ・ボードEPC9146で実証されているように、高性能で低コストのBLDCモーターを利用した高性能で小型のソリューションを可能にします。

EPC(Efficient Power Conversion Corporation、本社:カリフォルニア州エルセグンド)は5月5日、400 Wのモーター駆動用デモ・ボード「EPC9146」を製品化しました。この電源基板EPC9146は、3つの独立に制御できるハーフブリッジ回路を備え、ゲート・ドライバが集積されたモノリシックePower™ StageのEPC2152を搭載し、最大デバイス電圧は80 V、最大出力電流は15 A(10 ARMS)です。インバータ基板の面積は、わずか81 mm✕75 mmで、出力電力400 Wで効率98.4%以上が得られます。

EPC9146は、個別に設計された連携基板と組み合わせることができ、ユーザーは、既存のリソースを活用して迅速な開発を行うために、さまざまな主流のマイクロコントローラ基板を介して、この電源基板を直接制御できます。EPC9146は、ロボット、ドローン、電動自転車、電動スクータ、多相インタリーブ型バック(降圧型)・コンバータ、フルブリッジ・コンバータ向けの3相モーター駆動回路を含む複数のアプリケーションをサポートするように構成できます。

「eGaN(r) FETと集積回路は、BLDCモーターのサイズと重さをさらに削減し、可聴雑音を削減し、反応時間を短縮するためにトルクを改善し、効率を高めるために必要な高速スイッチング、小型、低コストを実現できます。EPC9146は、集積化パワー段であるEPC2152の能力を発揮する理想的な例であり、GaNが提供する設計の簡素化と性能の向上を活用できるアプリケーション領域を拡大します」とCEO(最高経営責任者)のAlex Lidow(アレックス・リドウ)は述べています。

米国での参考価格と入手方法
デモ・ボードEPC9146の単価は326.52米ドルです。

米マイクロチップ・テクノロジーのデジタル・シグナル・コントローラ(DSC)dsPIC33EP-MCを搭載したマイクロコントローラ連携基板も含む評価キットEPC9146KITAの単価は、555.98ドルです。

どちらのオプションも、米Digi-Key社のウエブサイト(http://www.digikey.com/Suppliers/us/Efficient-Power-Conversion.page?lang=en)から入手でき、即座に配送されます。

EPCについて
EPCは、エンハンスメントモード窒化ガリウム(eGaN(r))ベースの電源管理のリーダーです。eGaN FETと集積回路は、DC-DCコンバータ、リモートセンシング技術(ライダー)、エモビリティ、ロボット、ドローンのモーター駆動、低コスト衛星などのアプリケーションにおいて、最高のシリコンパワーMOSFETの何倍もの性能を発揮します。eGaNは、Efficient Power Conversion Corporation, Inc.の登録商標です

報道関係の問い合わせ先
Efficient Power Conversion Corporation:

Winnie Wong (winnie.wong@epc-co.com)