【ZoomによるMicrosoft旧製品からのマイグレーションセミナーを開催します!】

今年1月にWindows 7 とWindows Server 2008 の延長サポートが終了しましたが、いまだにレガシーシステムから脱却できていない、VBアプリシステムの移行問題が解決しない、といった相談が当社に寄せられています。今回のWebセミナーは、こうしたWindowsレガシーの移行にフォーカスして開催します。

マイグレーションプロバイダの当社は、企業のWindowsレガシーマイグレーションを多く手掛けてきました。サポートの切れたVisual Basic6.0 (VB6.0) の移行・再構築では、サードパーティ製品のアップグレードの隠れた不具合なども発生します。最近では、商用データベースを利用していた VB6.0アプリ資産をオープンデータベースにマイグレーションしたいという企業も増えていますが、アプリケーションの改修も伴うため、経験豊富な専門企業の支援がなければ一筋縄では行かないのが実情です。

本セミナーでは、Windows10時代を迎えた今、Microsoft旧製品が企業に及ぼす問題について、Microsoft製品ロードマップから整理し、Windowsレガシーマイグレーションを進める上でのポイントを紹介します。後半では、企業でのマイグレーション成功事例を取り上げながら、マイグレーションやクラウド化によって、企業の資産をいかに守り、延命していけるかについて解説します。

Microsoft旧製品やアプリ資産の移行でお悩みの企業には必聴のセミナーです。聴講は無料。お気軽にご参加ください。

【開催日時と会場】
■日時:2020年 5月15日(金)16:00~17:15(入室開始:15:45)
■形式:Webセミナー ご自身のPCやスマートフォンで受講可能
   (Zoomを利用します。URLは開始直前にメールでお知らせします。)
■定員:20名/参加無料、事前登録制
■主催:株式会社システムズ

■セミナープログラム

16:00~16:20
セッション1:Windowsレガシー問題
Windows10時代の今、どうします?WindowsサーバやOffice製品の旧世代問題

今年、2020年1月に、Windows7やWindowsServer2008、SQL ServerなどのMicrosoft製品のサポートが終了しました。これは、企業の2020年問題と言われ、OSやサーバ、DB製品の単なるバージョンアップだけでは片付かないITインフラ整備の課題を浮かび上がらせました。
長年、MicrosoftのOSやサーバ製品、開発ツールを利用してきた企業のITインフラには、その企業独自のアプリケーションが、多数存在しており、こうした既存アプリ資産を再活用するか、新たに開発し直すか、単に延命するか、の選択を迫られたのです。

本セッションでは、OSや製品のバージョンアップだけでは乗り越えられない、レガシーアプリについて、Microsoftの製品ライフサイクルにおける限られた移行期間という条件の元で合理的かつ最適な移行アプローチを解説します。

16:20~16:50
セッション2:Windowsレガシー移行事例
成功事例に学ぶ、Microsoft旧製品から移行・バージョンアップ対策シナリオ
~ AccessやSQLサーバ、VBアプリ資産などの移行・クラウド化による延命のコツ ~
・Microsoft製品で開発されたアプリ資産の抱える諸問題とは
・システムズが行った移行事例 ? 再構築から延命、最新 VBマイグレーションまで
・【移行デモ】VB6.0⇒VB.Netマイグレーション実践!自社開発アプリの書き換え移行

16:50~17:15
質疑応答/セミナークロージング

※講師および講演内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください

5/15■Windows旧製品移行セミナ
5/15■Windows旧製品移行セミナ